So-net無料ブログ作成
検索選択
歴史・文化 ブログトップ

天皇皇后両陛下 おめでとうございます [歴史・文化]

今日は
天皇皇后両陛下のご結婚満五十年記念日です[ぴかぴか(新しい)]

心よりお慶び申し上げますとともに
これからも仲睦まじく
お健やかでいらっしゃいますように[かわいい]



ぷち情報です
[ひらめき]記念切手が発売されてますよ[ひらめき]


2度目の松風園 [歴史・文化]

そろそろ紅葉が色づいたかと
松風園へ行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]
081124-41.jpg
もうちょっとの様ですね…残念[たらーっ(汗)]

081124-42.jpg
椿?はそろそろ終わり

081124-43.jpg
紅くなくても紅葉はキレイですね[ぴかぴか(新しい)]

081124-44.jpg
左が広間で 右が茶室です

081124-45.jpg
ススキ越しにお庭を望む[ぴかぴか(新しい)]
南公園を借景にしています

081124-46.jpg
紅く色づいているのもありました[ぴかぴか(新しい)]

081124-47.jpg
障子越しの風景[ぴかぴか(新しい)]

081124-48.jpg
茶室より望む[ぴかぴか(新しい)]

081124-49.jpg
趣のある苔[ぴかぴか(新しい)]

081124-50.jpg
茶室の中はこんな感じです[ぴかぴか(新しい)]

来るのがちょっと早かったようですが
それでも落ち着ける空間です[かわいい]

友泉亭公園 その2 [歴史・文化]

081124-31.jpg
別荘内へ参ります[ダッシュ(走り出すさま)]

081124-32.jpg
玄関を入ると中庭が見えます[ぴかぴか(新しい)]

081124-33.jpg
和室からの眺めもキレイ[ぴかぴか(新しい)]

081124-34.jpg
ここからも紅葉が楽しめます[ぴかぴか(新しい)]

081124-35.jpg
大広間から池を望む[ぴかぴか(新しい)]

081124-36.jpg
別方向で
大広間から池を望む[ぴかぴか(新しい)]

081124-37.jpg
瓦に落ちた紅葉もキレイ[ぴかぴか(新しい)]

081124-38.jpg
庭一面に紅葉が[ぴかぴか(新しい)]

081124-39.jpg
そろそろ
友泉亭公園を後にします[ダッシュ(走り出すさま)]

081124-40.jpg
空を見上げると
天使の梯子がでていました[ぴかぴか(新しい)]



友泉亭公園 その1 [歴史・文化]

黒田藩の別荘
友泉亭公園へ行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]
081124-21.jpg
ドッシリとした門構え[ぴかぴか(新しい)]

081124-22.jpg
紅葉キレイな道を進みます[ぴかぴか(新しい)]

081124-23.jpg
閑静な門構え[ぴかぴか(新しい)]
まずは池泉回遊式の日本庭園から巡ります。

081124-24.jpg
見事に色づいた紅葉[ぴかぴか(新しい)]

081124-25.jpg
滝も流れています[ぴかぴか(新しい)]

081124-26.jpg
趣のある如水庵[ぴかぴか(新しい)]

081124-27.jpg
池に映った景色もキレイ[ぴかぴか(新しい)]

081124-28.jpg
別荘が見えます[ぴかぴか(新しい)]

081124-29.jpg
キレイな庭園です[ぴかぴか(新しい)]

081124-30.jpg
次は建物内へ…


楽水園 その2 [歴史・文化]

081124-11.jpg
茶室です[ぴかぴか(新しい)]

081124-12.jpg
茶室からお庭を望む[ぴかぴか(新しい)]

081124-14.jpg
奥には腰掛待合があります[ぴかぴか(新しい)]

081124-13.jpg
石畳に紅葉[ぴかぴか(新しい)]

081124-15.jpg
灯篭とつくばい[ぴかぴか(新しい)]

081124-16.jpg
つくばいの手前に水琴窟があります[ぴかぴか(新しい)]

081124-17.jpg
南天は水琴窟のきれいな音色を
聞いて育ったのかも…

081124-18.jpg
では
そろそろ楽水園を後にします[ダッシュ(走り出すさま)]

081124-19.jpg
外の石畳にどんぐりが落ちていました[かわいい]

081124-20.jpg
博多に来られたら 駅から近いので
お気軽にお立ち寄りください[るんるん]


楽水園 その1 [歴史・文化]

先日、博多駅近くの楽水園にいってきました[exclamation]
081124-1.jpg
街のど真ん中にこんなトコロがあるとは[ひらめき]

081124-2.jpg
博多塀です[ぴかぴか(新しい)]
石や瓦が練り込まれてます。

081124-3.jpg
まずは外庭へ[ダッシュ(走り出すさま)]

081124-4.jpg
池泉回遊式の日本庭園です[ぴかぴか(新しい)]

081124-5.jpg
滝も流れています[ぴかぴか(新しい)]

081124-6.jpg
紅葉キレイ[ぴかぴか(新しい)]

081124-7.jpg
池には鯉が泳いでいます[ぴかぴか(新しい)]

081124-8.jpg
緑の紅葉と苔がキレイ[ぴかぴか(新しい)]

081124-9.jpg
近くにはオフィスビルが立ち並んでます。

081124-10.jpg
では建物内へ…


高取焼窯元(亀井味楽) [歴史・文化]

紅葉山公園の帰り
081122-6.jpg
高取焼味楽窯に行きました[ひらめき]

081122-7.jpg
工房棟前のお庭です
綺麗に刈り込まれた植木と灯篭[ぴかぴか(新しい)]

081122-8.jpg
住宅
落ち着いた雰囲気が素敵です[ぴかぴか(新しい)]

081122-9.jpg
紅葉が少し色づいていました[ぴかぴか(新しい)]

14代亀井味楽さんは、藩主用窯の技法を伝承し
その上新しい作品を生み出し
福岡市無形文化財工芸技術保持者に指定された
…そうです[ひらめき]

松風園 [歴史・文化]

浄水通りから
平尾の閑静な住宅街へ
入ったところに
松風園があります。

中洲にあった
老舗デパート玉屋百貨店
創業にかかわった
故・田中丸善八氏の
旧宅の一部を整備し
昨年の7月に開園しました。
081116-10.jpg
この時はまだ
紅葉が色づいてませんでした[バッド(下向き矢印)]

081116-11.jpg
広間から庭を望む[ぴかぴか(新しい)]

081116-12.jpg
茶室・松風庵から庭を望む[ぴかぴか(新しい)]

081116-13.jpg
趣のある茶室です[ぴかぴか(新しい)]

081116-14.jpg
庭を歩いてみました[かわいい]

081116-15.jpg
茶庭から広間・茶室を望む[ぴかぴか(新しい)]

081116-16.jpg
奥に腰掛待合があります[ぴかぴか(新しい)]

081116-17.jpg
石畳も趣がありますね[ぴかぴか(新しい)]

081116-18.jpg
椿?がキレイに咲いてました[ぴかぴか(新しい)]

081116-19.jpg
お抹茶セットです[ぴかぴか(新しい)]
麩菓子の裏は和三盆を焼いてあり
もう一つは柿の形の和菓子です[るんるん]

天神から近く
入園料もお手頃なので
落ち着いた気分になりたい時は
おすすめですよ[かわいい]

野村望東尼と平尾山荘 [歴史・文化]

081116-3.jpg
野村望東尼像

野村望東尼は幕末の女流歌人で勤王家

福岡藩士野村新三郎清貫と再婚
夫婦ともに大隈言道の門人となり
和歌を学ぶことになった。
40歳の時、夫とともに
当時の平尾村の向の岡に山荘を作り退隠した。
平尾山荘はそのゆかりの地です。

筑前の勤王党との関わりが深く
夫の死後
この山荘は勤王の志士たちの隠れ家となり
長州藩の高杉晋作も
幕府に従順な俗論党から難を逃れ
10日間あまり滞在した。

勤王の志士をかくまった罪により
姫島へ島流しとなったが
10ヶ月後、高杉晋作の計らいにより救出され
下関を経て防長を転々としたが
多くの人に温情を受けながら過ごした。

その後、薩長連合が成立し
その出征を見送るために
山口から三田尻に移り
断食をしながら
宮市天満宮に戦勝を祈ったが
ふと病にかかり重体となって

 花浦の松の葉白く置く霜と
   消ればあはれ一盛りかな
 雲水の流れまどいて華浦の
   初雪とわれ降りて消なり

の辞世を残して
波乱に富んだ62歳の生涯を閉じた。

081116-2.jpg
平尾山荘の室内

081116-1.jpg
平尾山荘の外観

ここで
篤姫とはまた違った
幕末の物語があったのですね
歴史・文化 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。